マニアック観光地ベスト3

『マニアック観光地ベスト3』

イタリア観光の王道と言えば、ミラノの“最期の晩餐”、ヴェネツィアの“サン マルコ広場”、フィレンツェの“ウフィッツィ美術館”、ピサの“斜塔”、ローマの“コロッセオ”“トレビの泉”、バチカン市国の“バチカン博物館(システィーナ礼拝堂)”“サン ピエトロ寺院 ”、ポンペイの“遺跡”にカプリの“青の洞窟”がベスト10でしょうか。
日本からのツアーでは日数の長さに応じて、これらが組み合わさった工程になっているものがほとんどです。

もちろんこれ以外にも、チンクエ テッレの海岸線、ヴェローナの“ジュリエットの家”、シエナとサンジミニャーノ、アッシジの“サン フランチェスコ教会”、ナポリなど多くの人に支持される街や観光箇所はいろいろとありますが、日本ではあまり知れていないものの世界中の観光客から大きな人気を集めているマニアックな場所というのもあります。

●パドヴァのスクロヴェニ礼拝堂
●アレッツォのサン フランチェスコ教会美術館
●フィレンツェのカルミネ教会(ブランカッチ礼拝堂)
が私の選ぶベスト3です。

近代絵画の父・ジオットの代表作とも言われるフレスコ画で埋め尽くされたスクロヴェニ礼拝堂。
ルネッサンス絵画の最高傑作の一つ、ピエロ デッラ フランチェスカ作の「聖十字架伝説」が観られるサン フランチェスコ教会美術館。
マゾリーノ作「アダムとイヴ」、絵画に始めて遠近法を使用した天才画家マサッチョの「楽園追放」といったフレスコ画が見逃せないブランカッチ礼拝堂。

どれも予約制となっていますが、観光シーズンには予約を取るのも困難なほど、これらは世界的な“隠れた人気観光箇所”なのです。