美術館の予約は必要?

日本からイタリア旅行で美術館を訪れたいという計画を立てたとき、旅行代理店のスタッフからは事前予約を勧められると思いますが、実際に予約は必要なのでしょうか。

もちろん予約をしておけば優先的に入れるので、時間を有効に使うという視点から見れば、しておくに越したことはありません。
が、実際のところは、フィレンツェなら長蛇の列が出来る美術館はウフィッツィやアカデミアなど限られた人気美術館だけで、例えばサンマルコ美術館やメディチ家礼拝堂、バルジェッロ美術館などは、まず予約は要りません。

ウフィッツィとアカデミアは春先から復活祭にかけての頃は予約必須です。
世界各国から観光客がやって来るこの時期は、人気の美術館には長蛇の列が出来るからです。
また、“入場無料の日”も要予約ですね。
でないと、2時間待ちなんてことにもなりかねません。

パラティーナ美術館は普段は意外に空いていて、予約なしでもあまり待つことなく入場出来ます。
ただ、入場無料の日だけは予約しておいたほうが無難です。

人気のウフィッツィとアカデミアも、実はクリスマスや年末年始など観光客が集中する数日を除いた冬の間や真夏は、予約なしでも大して待たずに入れることがほとんどです。
逆に団体観光のグループが集中する時間に当たったら、予約者入場口のほうが混んでいるなんていうこともあるぐらいです。


12月のウフィッツィ美術館入場口。冬は空いています